コンビニバイトで覚えること一覧!QSCの基本は押さえておくべき

コンビニバイトで覚えること一覧

僕は現在、コンビニで店長をしています。

実際に働いてみて思ったのが、コンビニって意外と覚える仕事が多いんですよね。ちっとも簡単ではないです。

コンビニバイトって楽そうだから働いてみたい、っていう人も多いと思いますが、どんな仕事でも働くのは大変です。

コンビニバイトも決して楽な仕事というわけではなく、覚える業務がたくさんあります。

この記事では、コンビニバイトで覚えることの一覧について紹介していきます。

目次

コンビニバイトで覚えるべきQSC

飲食店にもあったりしますが、店舗運営をするうえで欠かせないのが、QSCの理解です。

  • Quality:クオリティ
  • Service:サービス
  • Cleanliness:クレンリネス

聞いたことはあるでしょうか。コンビニでもこのQSCをメインに店舗運営していきます。

以下で、コンビニで覚える仕事の一覧について、QSCをもとに紹介していきます。

クオリティ:売り場

英語でクオリティは「品質」という意味ですね。

飲食店だとクオリティは、料理の「品質」にあたるので、味付けだったり、盛り付けだったりに影響してきます。

一方でコンビニの「品質」というのは、販売している商品の「品質」に該当してきます。

なので、商品の賞味期限が切れていないか、適切な温度で管理されているか、というのはもちろん。

  • 商品が売り場にきれいに陳列されているか
  • 売り場に商品のボリュームが常にあるか
  • お客さんの欲しい商品が置いてあるか。

このように商品だけでなく、売り場の「クオリティ」を評価する部分が大きいとイメージしたほうがいいです。

サービス:接客

その名の通り、サービスは「接客」を意味します。

飲食店だったら、おすすめ品やキャンペーンの紹介、お冷やの交換、オーダーに素早く反応することだったりします。

コンビニで働くときに意識する「接客」とは、

  • 入店されたお客さんに「いらっしゃいませ」という
  • ポイントカードを持っているか確認する
  • 目をみて「ありがとうございました」とお辞儀する

他にもあるのですが、パッと思いついたのがこんな感じ。

コンビニでは接客マニュアルも決まっていたりして、お辞儀の角度だったり、声かけの内容だったり、わりと細かいのです。

クレンリネス:清掃

お店が清潔に保たれているか、というのがクレンリネスです。

食事をするとき、汚いお店では食べたくないし、コンビニでも食品を扱っているので、ホコリが被った商品は買いたくないですよね。

  • 床や窓ガラスがキレイかどうか
  • 商品や棚にホコリが被ってないか
  • コーヒマシーン周りが汚れていないか

店内にあるいろいろな設備をキレイにしておくことが重要です。とくに商品に近いところの清掃は徹底しています。

コンビニって、ピカピカなイメージがありますよね。なぜなら清掃についても細かくマニュアルで決まっているからです。

設備や場所によっては、毎日、毎週、毎月など、掃除する頻度や、使用する清掃用具も決まっていたりするんです。

コンビニバイトで覚えること一覧

QSCについて紹介してきましたが、コンビニバイトをするにあたり、真っ先に覚えたいのが、Servieの「接客」についてです。

清掃は覚えやすいし、商品については店長が管理したりしています。なので覚えるべき「接客」について紹介していきます。

レジの接客

コンビニバイトといったら、まずはレジが基本です。お客さんを待たせずに、いかに早くレジができるかや、正確さも求められます。

  • カウンターフーズ
  • 煙草
  • 公共料金
  • チケット
  • 宅急便
  • ギフト商品
  • 予約商品
  • 切手・レターパック

この他にも、レジにはたくさんの商品やサービスがあります。レジのすべて覚えるまでには3ヶ月はかかります。

接客としては、早くレジをしつつも、失礼のない対応をしなくてはいけません。態度の悪い店員さんは、しばかれてしまうので。

いろいろなお客さんが来店されるので、接客の種類も変わってきます。早さ重視か、丁寧さを重視するか、人それぞれで対応を変えます。

接客で覚えることは、そこまでないのですが、お客さんに合わせたリアルな接客は自分自身で学んでいく必要があります。

各種サービス

いちばん面倒くさいのが、チケットの支払い、公共料金の支払い、コピー機、宅急便などで、コンビニではたくさんのサービスを取り扱っています。

商品を普通にレジするならまだしも、こういうサービスについては、もはや理解不能です。店長レベルしか全てわからないと思います。

宅急便だったら、往復便、冷蔵便、空港便などの種類がありますし、重さやサイズも測らないといけないですし、

危険物などは対応できなかったり、いろいろな条件があるわけです。その他にも、

  • コピー機で印鑑証明をとりたい
  • 自動車税を払いたいとか
  • 切手やレターパックで書類を送りたい

などなど、コンビニは社会インフラの1つであり、とても便利な一方で、なんでも屋さん状態になっているわけです。

これは1つずつ慣れていくしかないのです。こういったサービスは、お店としてもほぼお金にならないのですが、やるしかないのです。

レジ横の揚げ物など

通称カウンターフーズといいますが、レジ横にあるおいしそうな揚げ物たちです。これもレジをしながら調理しないといけません。

  • フライドチキン
  • アメリカンドック
  • フランクフルト
  • からあげ棒
  • 焼き鳥
  • ハッシュドポテト
  • 肉まん
  • おでん

会計してるときに、思わずおいしそうで衝動買いしてしまいますよね。そのためには、たくさんの種類をつくって陳列します。

それぞれ調理方法も変わってきたりしますが、意外と簡単なので安心してください。レンジで温めたり、フライヤーで揚げるだけです。

とはいえ、種類がたくさんあるので、レジしながら全てをつくるのは大変です。

他にもたくさんある

いま紹介したのは、接客やレジの仕事のほんの一部です。その他にも商品の仕入れや陳列、清掃、お金に関する業務などたくさんあるわけです。

ただのアルバイトだとしても、そもそものコンビニの業務自体が多いので、幅広く担当しなければいけないです。

これを見て、大変そうだ、やりがいがありそう、絶対に嫌だ、どう思うかは人それぞれですが、少なくとも僕は、コンビニの仕事を通して、たくさんの経験ができたので良かったと思っています。

コンビニの仕事に少しでも興味を持って頂けたなら、まずは勇気を出してアルバイトしてみましょう。

アルバイトを探す際には、最大1万円のお祝い金が支給されるマッハバイトを使えば、最初のお給料よりも先にお小遣いをゲットすることが可能です。

参照:マッハボーナス(旧祝い金)とは? | マッハバイトでアルバイト探し 

  • 最短で翌日に最大1万円のお祝い金がもらえる
  • 210,000件以上の求人があるので、希望のバイトが見つかる
  • 東証一部上場企業が運営しているので、お祝い金も安心

せっかくアルバイト応募するなら、お祝い金をもらえるマッハバイトから申し込んだ方がお得です。

> マッハバイトでアルバイトを探す

目次
閉じる