1円切手はコンビニで買える?買い方や支払い方法についても紹介!

1円切手のコンビニでの買い方

最近では、コンビニやスーパーの小売店など、多くの場所で切手が買えるようになりました。

郵便物を出そうと思ったとき、端数の数円が足りなくて、どこかで1円切手を取り扱ってないか気になったことはないでしょうか。

最近では、昔と比べて切手の値段や種類も変わったことで、以前の切手では数円不足してしまうこともよくあります。
そういった際に、端数分を1円切手で埋め合わせることはよくあると思います。

この記事では、1円切手を取り扱っているコンビニを紹介するとともに、コンビニでの切手の買い方、切手の支払い方法などについても紹介します。

目次

1円切手を販売しているコンビニ

84円切手が買えるコンビニ

大手コンビニチェーンでは、どの店舗でも切手やはがきを取り揃えています。

コンビニ以外でも、スーパーや小売店、金券ショップでも切手を買うことができます。
時間に余裕がある人は、Amazon楽天市場などのネットショップを利用するとポイントも貯まります。

おすすめはローソン

基本的に、どのコンビニでも切手は売っていますが、そのなかでもおすすめするのがローソン。

ローソンでは、切手やはがきを始め、スマートレターやゆうパックなど、多くの郵便サービスを取り扱っているため、店内に郵便ポストが設置されています。

購入した切手をその場で郵便物に貼り付け、そのままポストに投函できるので、わざわざポストを探しに行く手間が省けるのでおすすめです。

コンビニで販売している1円切手の種類

1円切手は普通切手の1種類のみとなっています。
他の金額の切手だと、慶事用や特殊切手が存在します。

他の切手の種類については、日本郵便の公式HPを参考にして頂ければと思います。

参照:切手 | 日本郵便株式会社

地域や店舗によって取扱状況は違う

各コンビニのHPにも記載されていますが、基本的に切手はどのコンビニで扱っているものの、実際にどのような種類の切手をどれほど販売しているかは、地域や店舗によって変わります。

切手がよく売れる店舗であれば、取り扱っている種類や在庫の数は多い傾向にあります。

反対に、切手がそこまで売れない店舗だと、種類や在庫数が少なかったり、そもそも切手を取り扱っていない場合もあります。

どうしても確実にコンビニで切手を買いたい場合には、事前にその店舗に連絡して聞いてみることをおすすめします。

なお、コンビニで取り扱っている切手の種類や、他の金額の切手についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

1円切手のコンビニでの買い方

84円切手のレジでの買い方

レジで店員さんに「1円切手をください」と伝えれば、店員さんがレジの後ろの方から、切手を取り出してきてくれます。

慣れてなかったり外国人の店員さんだと伝わらないこともあるので、その際はわかる人に聞いてもらうようにしましょう。

1円切手は1枚単位から買える

コンビニでは切手を1枚単位で買うことができますし、数十枚単位でまとめ買いすることも可能です。

しかし、お伝えした通り、地域や店舗によって切手の在庫数は違うので、大量に購入したい場合は郵便局の窓口で買い付けるようにしましょう。

自分の勤めていたコンビニでは、1種類の切手についき100枚ほどは在庫を保つようにしていましたが、1回で50枚とか買われてしまうと、一気に在庫がなくなってしまうことがよくありました。

1円切手を1枚だけでも恥ずかしくない

もしかしたら、1円切手だけを買いに行く場合に、お会計1円でそれだけ買うのは、なんか恥ずかしく申し訳ないと思ってしまう人もいると思います。

結論ですが、店員さんはお客さんに対して「この人は1円切手を1枚しか買わないからケチだ」とかは思ってないですし、コンビニには様々なお客さんが来店されるので、気にする必要はないですよ。

封筒のサイズや重さを測ることはできない

送りたい郵便物のサイズや重さによって必要な切手の金額は変わってきます。

自分の郵便物がどれに該当するのかについては、こちらのサイトを参考にしてみてください。

なお、コンビニで店員さんに、「この郵便物は何円切手が必要か」尋ねても答えることができないので注意してください。

切手の金額を間違えると、荷物を送ることができないトラブルになるケースがあるので、店員さんは責任を取れないような仕組みになっています。

送りたい郵便物に必要な切手の金額がわからない場合は、事前に調べてから買い求めにいくようにしましょう

1円切手は電子マネーで買えるか

コンビニでは様々なキャッシュレス決済や電子マネーが利用可能ですが、一部商品によっては対応していない場合があります。

ローソン公式サイトでは、

  • 公共料金・収納代行票支払い
  • 一部のLoppi取次サービス
  • 切手・ハガキ・印紙
  • テレホンカード類
  • バスカード・各種乗車券・回数券
  • QUOカード
  • 各種商品券

これらの商品では、キャッシュレスや電子マネが利用不可とし、現金のみと記載されています。

もし、手持ちの現金が少なかったり、日常的に電子マネーで支払いをしている人は注意するようにしましょう。

郵便局では電子マネーやキャッシュレスに対応

最近では郵便局がキャッシュレス決済を取り入れたことが話題なりました。

これにより、

  • 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃
  •  切手、はがき、レターパックなどの販売品
  • カタログ、店頭商品などの物販商品

といったこれらの商品は、郵便局の窓口にてキャッシュレスでの支払いが可能です。

参照:郵便窓口におけるキャッシュレス決済 – 日本郵便

コンビニではがきやレターパックも販売している

1円切手の他にも、2円切手、63円切手、120円切手なども取り扱っています。

また、はがきやレターパックといった商品も取り扱っているので、とても便利ですね。

買い物のついでに切手を買いたいという場合にはコンビニはおすすめですが、

  • 切手をキャッシュレスで支払いたい
  • 大量の切手を購入したい
  • 慶事用切手や特殊切手を買いたい

といった人にはコンビニではなく、郵便局の窓口で購入することをおすすめします。

当ブログでは、コンビニで取り扱っている商品について他にも紹介していますので、ご覧いただけると嬉しいです。

目次
閉じる