【悲報】プログラミングスクールを卒業してフリーランスは無謀です

プログラミングスクールを卒業してフリーランスは無謀です

未経験でもプログラミングを3ヶ月学習すれば、エンジニアになれる?

フリーランスのエンジニアは働き方が自由で、給料も高いの?

こういった疑問が浮かぶかもしれません。

結論ですが、プログラミングスクールを卒業しても、フリーランスのエンジニアには99%なれません。

絶対に無理かと言われると、そうではないものの、本当に優秀な1%の人材しか、フリーランスエンジニアになれないと思っておくのが賢明です。

この記事では、プログラミングスクールを卒業しただけでは、フリーランスになれない理由について解説していきます。

目次

プログラミングスクールを卒業してフリーランスは無謀な理由

プログラミングスクールを卒業してフリーランスは無謀な理由

フリーランスのエンジニアを目指すのは素晴らしいことですが、きちんとした順序を踏まなければ、苦しい生活が待ち受けてしまいます。

プログラミングのスキル不足

プログラミングスクールで3ヶ月間プログラミングを学んだ程度では、当然スキル不足です。

僕も実際にプログラミングスクールに通いましたが、その3ヶ月間で学習したのは、簡単なアプリ作成や、Rubyを使ったECサイトの作成などです。

もちろん、これらのカリキュラムをこなせば、プログラミングの基礎理解はマスターできるかもしれませんが、実際に仕事として請け負うには、程遠い状態です。

プログラミングスクールを卒業したてで、実務経験もない人材を、プロジェクトに参画させるのは、少し無理があると思います。

案件獲得の営業は教えてくれない

フリーランスのエンジニアは、プログラミングの技術力も求められる一方で、案件を獲得する営業スキルもかなり求められます。

最初のうちは実務経験もないため、いかに営業をかけて、自分を売り出していくか、にかかっているのですが、その営業方法についてはプログラミングスクールでは教えてくれません。

もちろん、良心的なスクールでは営業方法についても指導してもらえるかもしれませんが、ほとんどのスクールでは営業に関する部分はノータッチなはず。

駆け出し時期はとにかくつらい

会社員エンジニアとしての駆け出し時期でさえ大変なのに、実務未経験フリーランスエンジニアの駆け出し時期はそれの数倍大変です。

技術力を磨くことはもちろん、営業して案件を獲得し、横の繋がりも作りながら、人間性も高めていかないといけません。

できなくはないですが、かなり過酷なため、挫折しやすいのも事実。

想像よりも大変なので、ほとんどの人の場合、途中でやめてしまうか、会社に一旦は就職してみるなど、違う選択肢を取ることもあり得ます。

プログラミングスクールを卒業してフリーランスになるには

プログラミングスクールを卒業してフリーランスになるには

とはいえ、プログラミングスクールで学習しつつフリーランスを目指すのは、絶対に無理なわけではありません。

道のりは険しいですが、どうやったらプログラミングスクールを卒業した後に、フリーランスのエンジニアになれるかについて紹介します。

実際の案件から逆算して学習する

プログラミングスクールで決められたカリキュラムをこなしていただけでは、実務をこなせるほどのスキルは身につきません。

では、どうするかというと、実際の案件をチェックして、それをこなすのに求められる技術をひたすら習得していくという方法です。

例えば、WEB制作の案件だとしたら、ランサーズやクラウドワークスで、コーディング案件などをリサーチします。

そこで、どういった技術や仕様が求められるのか、どのくらいの作業量が必要なのか、を確認します。

実務とはこんな感じなんだ、というのを把握したら、後は自分に足りないスキルを習得するのみ。

ちなみに、プログラミングスクールでは、人の2倍以上は学習する、という姿勢でいた方がいいかもしれません。

横の繋がりを作っておく

プログラミングスクールの同期のメンバーと仲良くしておいたり、Twitterでエンジニア系のフォロワーを増やしたり、プログラミング系のコミュニティに属するなど、とにかく横の繋がりを作るべきです。

WEBサイトを作りたい、LPを作りたい、といった情報が回ってくるかもしれません。

プログラミングスクールに通いながら、繋がりを増やしていくのは大変ですが、フリーランスになって困らないためにも、事前の準備として必要ですね。

フリーランスのエンジニアに会う

最後に大事なのが、実際にフリーランスのエンジニアとして活動されている人に会ってみることです。

プログラミングスクールのなかでは、もちろんエンジニアを目指して学習中の人や、スタッフや、メンターさんしかいません。

そのため、実際の現場で働いているエンジニア、しかもフリーランスで活動されている人とお話しする機会はとても貴重です。

実際に、未経験からフリーランスのエンジニアになるのは難しいですが、そこで必要なのが、忍耐力や継続力です。

フリーランスエンジニアの方とお話しする機会があれば、今後のキャリアについて想像しやすくなったり、フリーランスになる気持ちが強まるかもしれません。

自分の理想とするキャリアを歩んでいる人に、実際に相談してみることは、意外と効果があるので、試してみる価値はあります。

目次
閉じる