【就活で有利】大学生はプログラミングスクールに通うべき理由

大学生はプログラミングスクールに通うべき理由

もしあなたが大学生で、少しでもプログラミングに興味があるなら、間違いなくプログラミングスクールに通うべき。

プログラミングって難しそうなイメージがありますが、ごく一般的な文系大学生でもプログラミングを習得することは可能です。

むしろ、大学の勉強の方が難しいと思います。

プログラミングは若いことが有利に働くので、若いだけでアドバンテージになります。

僕が大学生の頃の自分にタイムスリップできるなら、間違いなくプログラミングをガチで勉強しまくるはず。

もっと早くプログラミングの存在に気付いておけばよかった、と後悔しています。

目次

大学生はプログラミングスクールに通うべき理由

大学生はプログラミングスクールに通うべき理由

なぜ、大学生はプログラミングスクールに通うべきか、というと、若いうちにプログラミングを学ぶことは、社会に出てから超有利に働くからですね。

プログラミングに挫折しにくい

プログラミングを学ぶのであれば、スクールに通うか独学のどっちでもいいのですが、僕はプログラミングスクールをおすすめします。

というのも、大学生だと強固な意思がない限り、プログラミングに挫折する可能性も高いし、スクールに通うことで社会人の雰囲気を体験することができるからです。

社会人であれば、自制心や意志の強さがあるので、独学でもやりきれますが、大学生のうちは学校のように、カリキュラムが決まっていて、きちんと進捗通りに進めてもらえる環境に身を置くのがいいですね。

プログラミングは若いうちが有利

新しい技術を学ぶには、なるべく若い方が有利に働きます。

特にエンジニア業界は、若くして活躍する人も多く、能力次第では若くとも出世できるような実力社会なので、とにかく若いうちにプログラミングを学ぶべし。

しかも、社会人になると勉強する機会も減って、勉強に対するやる気が徐々に薄れていきます。

大学生のうちは、まだ大学で勉強をしているので、勉強をするというハードルが低めに感じられます。

もし大学の授業がつまらなければ、講義を聞いてる最中は全てプログラミングの学習に費やすみたいな感じでもいいかと。

プログラミングで稼げる

大学生でバイトをしている人は多いですが、プログラミングを身につければ、プログラミングを仕事として稼げるようになります。

一般的なアルバイトは時給1000円ほどですが、プログラミングを副業とすれば時給2000円、もしくは時給10,000円レベルを目指すのも夢ではありません。

要するにプログラミングを、割りのいいバイトとして捉えることで、スキルを身につけながら、かなりのお金を稼げるといったメリットがあります。

若いうちこそ、自分のスキルで稼いでみる経験が重要です。

プログラミングは就職でも有利

プログラミングを身につけて、副業で稼げるレベルになれば、はっきりいって就活で無双状態ですね。

例え学歴が低くとも、それなりのプログラミングスキルがあれば、学歴を遥かに超える評価を受けることもあり得ます。

それくらい、プログラミングのスキルは現代で評価されつつあります。

もしくは、開発系の企業に入れば、新卒でも経験者並みの給与や待遇で内定を出してくれる場合も。

何度も言いますが、就活でアピールポイントを作りたいと思うなら、プログラミングスキルが最強です。

大学生向けプログラミングスクールの選び方

大学生向けプログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールに通うのは社会人の人が多いため、大学生が通いやすいスクールを選ぶ必要があります。

学習時間が確保できるか

夏休みのような長期休暇を利用してプログラミングスクールに通うケースが多いですが、大学の授業と両立しながら通う場合もあります。

そういった場合は、プログラミング学習の時間と、大学の講義の時間、どちらもバランスが取れるようにする必要があります。

長期休暇でまとまった時間があるなら通学型のプログラミングスクール。

授業と両立するなら、スケジュール調節が可能なオンラインのプログラミングスクール。

オンラインであれば、大学の講義を受けながらもスマホで受講できてしまうので、自分だったら講義よりもプログラミング学習をしてしまいそうです。

受講料が安いか

プログラミングスクールの費用や料金は高いところだと70万円ほど。

大学生でそこまでの料金は払えないので、できるだけ安いところ、もしくは無料のプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

ちなみに、オンラインだと通学型の半額以下の受講料なので、コスパ重視なら間違いなくオンラインをおすすめします。

しかし、オンラインプログラミングスクールでも受講料は10万円から20万円ほどかかってしまいます。

大学生だとその金額は厳しいので、無料のプログラミングスクールも検討してみるといいかもです。

目的のプログラミング言語が学べるか

プログラミング言語には種類があり、言語によって開発できるものが変わります。

もし、プログラミングを副業にして稼ぎたい、という人であれば、まずはRubyやPHP。

スマホのアプリを作りたいという人は、SwiftやGoから。

就職で有利になるため学習したいという人はJavaを。

このように、目的によって学ぶべきプログラミング言語は変わってきます。

プログラミングスクールによって扱う言語が違うので、自分の学びたい言語を取り扱っているか、も選ぶ基準になります。

大学生におすすめのプログラミングスクール

大学生におすすめのプログラミングスクール

大学生がプログラミングスクールを選ぶ上で重要なのが、スケジュールの調整しやすさ、受講料が安いこと、の2つがあげられると思います。

SkillHacks(スキルハックス)

スキルハックスはオンラインのプログラミングスクールなので、いつでも自分の好きな時間で受講することができます。

質問対応は24時間365日でも可能。

値段も69,800円と他のプログラミングスクールに比べて10万円以上も安いですね。

講師の迫 祐樹さんは大学生の頃から実際にプログラミングで稼いでいたので、大学生がプログラミングを学ぶには最適なロールモデルです。

> Skill Hacks公式サイトはこちら

RaisehTech(レイズテック)

こちらも同じくオンラインプログラミングスクールなので、自分の都合に合わせたスタイルで受講が可能です。

こちらは、スキルハックスと比べてやや専門的な内容を取り扱っているため、ある程度の基礎があって更にプログラミングの理解を深めたい人に最適です。

プログラミングを教えてくれるメンターは、実際のエンジニアなので、プログラミングを将来は仕事にしたい人にとっては、とてもいい環境になること間違いなしです。

> RaiseTech公式サイトはこちら

大学生でプログラミングを学ぶと最強です

年功序列の時代は終わり、これからは実力主義の時代です。

そうなると、若くともスキルのある人材が会社で重宝されるようになります。

特にエンジニア業界は、20代で年収1000万円を超える人も珍しくなく、5年も働けばチームをまとめるプロジェクトリーダーとして活躍できるチャンスもあります。

プログラミングに少しでも興味があったり、就活で有利になるスキルや資格を探しているという人は、ぜひ一度プログラミングに触れてみてください。

目次
閉じる